愛知県での屋上付き注文住宅ソラニワホーム

将来を考えて 地震に強い家作り

優れた耐震性

最高等級の耐震等級3相当で安心

※お客様のご希望する条件・仕様によって変更になる場合があります。

ソラニワホームでは標準仕様で耐久性の高い、地震に強い構造となっており、建築基準法の壁量の1.5倍を確保するように設計しております。
数百年に一度発生する地震の力に対して倒壊しない程度の耐震性を「耐震等級1」と言います。「耐震等級3」は「耐震等級1」の1.5倍の耐震性も持った住宅を指します。
安全性の高い、家族が末永く安心して暮らし続けられる住宅をソラニワホームでは建築しています。

※上記は注文住宅のお客様に限ります。
お客様のご希望・仕様によっては耐震等級3を取得できない場合もございます。事前にご相談くださいませ。

構造計算

構造計算を実施

構造計算とは、建物を設計する際に、建築構造物・土木構造物などが積雪・台風・地震などの自然外力に対して、建築 物がどのように変形し、どのような対応力が発生するのかといった安全性を計算するものです。これを行うことで、基礎の寸法、配筋、耐力壁の量や配置、接合物の種類・位置になど、全ての寸法、大きさ、仕様を決定し、耐震性・信頼 性の高い、無駄のない合理的な建物を設計することができます。

現在の建築基準法では木造2階建住宅(200平方メートル未満)には構造物の安全性を確認するのが目的の構造計算が 義務づけられていません。つまり、構造計算を実施しなくても建築基準法上、何ら問題はないわけです。ただし、木造住宅の場合、間取りの自由度が他の工法に比べ高いため、間取りによっては地震に強い建物、弱い建物が存在してきま す。ソワニワホームでは、こうした地震に弱い建物とならないよう構造計算を実施し、安心した住まいづくりを進めています。

※上記は注文住宅のお客様に限ります。

剛床工法

剛床工法を採用

梁と一般より高い厚い木材を組み合わせた「剛床工法」を採用しています。地震や台風の際に、横からの強い外力による建物の歪みやねじれを面構造がしっかり抑えます。床も構造の一部として「強さ」を求めました。

ベタ基礎

ベタ基礎を採用

建物を支える基礎は、家の荷重を底板全面で受け止め、鉄筋コンクリートの面で支える「ベタ基礎」を採用しています。基礎全体の剛性を高めるとともに、地面から上がってくる湿気やシロアリも防ぎます。

品質管理の徹底

長く住んで頂ける家を目指して、徹底的な品質管理

ソラニワホームでは、安心と安全を提供する品質管理の徹底を図るために、施工工程において、品質管理マニュアルを作成しており、使用材料の搬入検査から、施工手順まで、全行程において、品質管理確認事項を設けています。建築士事務所として徹底的な工事の監理を行ってお客様の大切なお住まいを建築しています。

これも全て、お客様に安心して末永くお住みいただきたいという願いからです。例えば、木材の耐久性を維持するため、防腐や白アリ防止を行っています。

第三者機関による監査

安心して暮らせる住まいのために、自社で中間検査・完了検査・引渡し検査を計6回行っています。さらに、施工品質を確実に安定させるために、第三者機関による監査を受けています。

※第三者機関には住宅の現場施工品質の安定と向上を具現化する業界最高峰の住宅品質監査企業「株式会社NEXTSTAGE」に委託しております。