愛知県での屋上付き注文住宅ソラニワホーム

住宅ローンの返済方法

住宅ローンには大きく分けて「民間ローン」と「公的ローン」があります。さらに支払いの仕方に合わせて「住宅ローン金利」が発生します。どの返済方法を選択するかによって、毎回の返済額や総返済額が変わっていき、長期的に返済計画を立てる為には無視できない要素となって行きます。自分の生活設計に合わせた返済方法と考えていきましょう。

住宅ローンの種類

民間ローン

民間ローンとは主に「銀行」「保険会社」「ローン専門会社」などの金融機関が提供している住宅ローンのことです。また多くの会社が取り扱っているため「商品内容」「金利」「融資条件」等の違いがあります。そのため特徴としては様々な金融機関等で検討できるため、より自分自身にあったローンプランを探すことが可能です。

公的ローン

公的ローンはフラット35などの「住宅金融公庫」「財形住宅融資」「自治体融資」などがございます。その中でも多く使われているのが「フラット35」です。フラット35は最長35年という長期固定型住宅ローンのことで特徴としては機構が債務と保証してくれるためお客様も安心して住宅ローンを組むことができます。

住宅ローンの金利について

変動金利型

変動金利は基本的に年に2回金利が見直されるタイプが一般的です。そのため市場とリンク性が強く市場金利が変わると金利も変わり返済額も増減することがございます。特徴としては金利が上昇すると元金の減りが鈍くなる反面、その他の固定型金利と比べて、借入時の金利が低くなります。

固定金利期間選択型

基本的には3年や5年などの一定の期間の金利を固定できるローンのことです。また固定の期間が満了した際に変動金利か固定金利かを選ぶことも可能です。特徴としては固定している期間が終わった際に金利上昇が起っていると返済額がアップしやすいが、固定期間が短いほど金利が低く、当初の返済負担額が抑えやすいメリットがございます。

長期固定金利型

長期固定金利型は最初に適応された金利が返済期間中固定されるタイプで代表的な物には「フラット35」等がございます。そのため他の2つと比べると金利が高めになりやすいが、完済までの返済額が固定されてライフプランや返済計画の見通しを立て易く安心して返済プランを考えることができます。

借入可能な額について

基本的には「年齢」「収入」「勤続年数」「返済期間」「購入予定不動産」等の条件によって借入可能な額が変動致します。 また借入先によって借入可能額が異なってきます。基本的には「物件価格の何%か」「諸費用は借入可能か」「つなぎ融資は受けれるか」の3つの条件が各金融機関等によって異なります。

現在の住宅ローンについて

現在住宅ローンの金利は過去に比べかなり低金利時代となっております。そのため現在の3,000万円の借入の場合でも現在の金利帯であればであれば約8万円〜10万円台で借入できるため家賃+駐車場と比較的類似した金額となりやすく、非常に動き易い市場となっております。また単独で借りる方法以外にも夫婦合算や住み替えローンなど様々な方法がございます。詳しくはお気軽にお問合せください。